「音圧爆上げくん」はすごいけどBMS作成においては厄介という話

先日、管理人の新作BMS「eyelashes」を、BMSレビューサイト「pupuly」で公開した。
pupuly.nekokan.dyndns.info

何より、読者の皆様には今回の記事の主張をわかってほしいため、BMSプレイヤー上での試聴、そしてSoundCloud上での試聴両方とも実践してほしい。
何もLR2IRのプレイ数とSoundcloudでの再生数稼ぎのためとかじゃないよ

気づかないだろうか?互いの音圧の違いに。

実は、今回SoundCloudにあげた音源は「音圧爆上げくん」というサイトを利用してマスタリングしたものなのだ。

f:id:kudomu_shiro_I:20170317132058j:plain
bakuage.com
dtmsokuhou.blog.jp

「音圧爆上げくん」の詳しい解説は上記のリンク先を参考にしてほしい。

実際に「音圧爆上げくん」がどのくらいすごいものなのか比較してみよう。

f:id:kudomu_shiro_I:20170317132709p:plain
まずこちらが管理人が自力でミキシングした音源の波形である。
ヘッタクソだね~。なにこれ?恥ずかしくないの?コンプレッサーの使い方わかってんの?

f:id:kudomu_shiro_I:20170317132842p:plain
次にこちらが「音圧爆上げくん」を使用した音源の波形である。
ほぼプロ並みのマスタリングである。初めて見たときはそりゃあもう驚きましたよ。
まだスカスカしているところが見られるが、それは、まぁ、管理人のDTM実力不足でっす。

それでは本題に入る。
「音圧爆上げくん」とBMS作成について、管理人はあくまでBMS作家の一員として偉そうに意見を述べさせてもらう。

結果としてすごい音圧となって帰ってきた音源を見たり聴いたりして「俺TUEEEE」状態になっていた管理人でありましたが、ここで一つ問題を発見した。


BMS化するとき、どうやってこの音圧を再現できるんだ?


作り上げた曲をBMSとして鳴らすにあたって、ご存知の通り「音切り」という作業がある。
www9.atwiki.jp
詳しいことは上記のリンクを参考にしてほしい。
ここで、音切りしたキー音たちをそれぞれ「音圧爆上げくん」でマスタリングした場合どうなるのだろうか。
実際に行ったことはないのだが、考えうる限り次の問題が起きるだろう。

  • キー音ごとの音量のバランスが悪くなる
  • 音割れが生じる

「音圧爆上げくん」の仕組み自体や波形の仕組みとかよくわからないので確かな自信は無いが、キー音ごとに「音圧爆上げくん」でマスタリングすると、各キー音が上げることのできる最大の音圧まで上がってしまうのではないだろうか。それでは自力で調整した音量の意味が無くなるし、最悪音割れが生じる。そして「Soundcloudのリンクの音源は良いのですが、BMSの方がねぇ・・・」という嬉しいのか悲しいのか判別できないインプレを貰うことになる。使わなかったとしても自分の場合同じインプレ来るかも知れないけどもなんか色々勿体無い。

さらにBMS以外の話で言うと、「音圧爆上げくん」は単曲をSoundCloudなどのサイトで公開する場合には役に立つかもしれないが、アルバムなどの複数の曲をまとめて公開する場合、各曲ごとの音圧に差が生じてしまうのではないだろうか?


実際まだわかりませんよ?やったことないだけで、もしかしたら上記であげた問題点を全てカバーできる機能を持っているかもしれない。そうとなったら嬉しいのだが。

結論としては、BMS作家は自力で良質な音圧を出せる技術が必要なのだろう。すいません、精進します。新作BMSプレイしてね。


音を大きくする本 (Stylenote Nowbooks3)

音を大きくする本 (Stylenote Nowbooks3)